派遣のお仕事には波がある

派遣会社を選ぶときのポイント 派遣のお仕事は、求人の多さに波があります。個人の能力に関係なく、求人が少ない時は契約成立のハードルが高く、多い時は低くなる傾向があります。もちろん求人がある以上、採用される人はいるわけですが、競争率が高くなれば仕事が決まりづらくなってくるのは事実です。私が前回仕事を探した時は、ちょうど景気が悪くて求人が少ない時期でした。時給の相場も下がっており、それでも1つの仕事に何十人と応募する、というような状態でした。求職活動が嫌になったほどですが、こちらも生活がありますのでそんなことは言っていられません。

求人が多い時は、いくつかの派遣会社に登録さえしておけば、放っておいても紹介の電話やメールがくるものです。しかし求人が少ない時は、待っていても電話はかかってきません。こちらから積極的に問い合わせをするなど、働きかけをしなければいけません。派遣会社は何万人もの登録スタッフを抱えていますが、そのうち誰が今求職中なのか分かりません。仕事を探していることが伝われば、先方も仕事を紹介してくれるようになりますので、登録している派遣会社に片っ端から電話をかけて仕事を探していると伝えましょう。新しい派遣会社に登録するのも有効な手段です。

オススメワード

Copyright (C)2022派遣会社を選ぶときのポイント.All rights reserved.