派遣社員の失業給付条件の緩和

派遣会社を選ぶときのポイント 派遣社員として働いていると、こちらが継続して働く意思があったとしても、派遣先から契約更新をされずに失業するケースが多々あります。働く意思があるのに仕事がない人の強い見方が失業給付ですが、要件を満たさなければ受け取ることができません。その要件ですが、昔より緩和されていることをご存知でしょうか。私が若い時は、1年以上継続して働いていなければもらえなかったのですが、現在は半年以上で受け取れます。派遣社員は1年以内に契約終了となることも多いため、これは大きな改正だと思います。但し半年で失業給付を受け取れるのは、こちらが継続する意思があるのに派遣先から契約を終了された場合のみで、スタッフの意思で更新しなかった場合は適用されません。

また派遣契約期間がそのまま被保険者となるわけではありませんので、6か月以上働いても受け取れないケースがありますので注意が必要です。半年以上継続して被保険者となることがあくまでも必要であり、派遣社員として働き始めても、雇用保険に加入しなければ、条件を満たしません。雇用保険に加入できる条件は2か月以上継続雇用の見込みがあることですから、契約期間が1か月であれば、未加入になる可能性もあります。就業前に確認しておきましょう。

オススメワード

Copyright (C)2022派遣会社を選ぶときのポイント.All rights reserved.