派遣先によって取得のしやすさがかわる有給休暇

派遣会社を選ぶときのポイント 派遣社員も労働者ですから、有給休暇はあります。私はフルタイムで現在同じ派遣先に6年以上勤めていますので、3か月後には最大の年間20日間が付与されます。フルタイムでない人は、日数が少なくなるかもしれませんが、全くないということはないはずです。但し付与された有給を使えるかどうかは派遣先の雰囲気にもよります。正社員の人が8割9割消化しているなら、当然派遣社員も取りやすいでしょうが、正社員ですら滅多に取れないというような会社では、取りにくいこともあります。大企業は社員にも促進していますので取得しやすいです。

しかし派遣社員は同じ会社に何年も働くことはむしろ稀です。派遣先がかわる時は、有給も消滅してしまう可能性がありますので注意が必要です。就業先がかわっても派遣元が同じであれば良いですが、派遣元がかわれば有給はなくなります。きちんと消化してから辞めるようにしましょう。派遣会社はそもそもその分も見越してマージンを取っていますので、遠慮することはありません。但し自己都合で辞める時は取りにくいかもしれませんので、早めに相談しておいたほうが良いでしょう。また同じ派遣元であっても、次の仕事までに期間が空いてしまうと消滅することが多いので、確認しておきましょう。

オススメワード

Copyright (C)2022派遣会社を選ぶときのポイント.All rights reserved.